敏感肌の原因は

毎日の洗顔がダメージに

敏感肌は、肌のバリア機能が低下して刺激に弱い状態になります。肌のバリア機能は、角質層の水分や保湿成分が減少して低下してしまいます。

 

また、睡眠不足やストレスなど、さまざまな要因が重なって敏感肌になっていることも考えられます。

 

スキンケアを頑張ってしていても、なんだか乾燥してしまう、シミやくすみが気になるという人は、洗顔を見直してみませんか。

 

汚れが落ちればいいは間違い

洗顔料は、市販されているもの、通販で買えるものなど、多種多様で多くの種類があります。「何を買ったらいいか分からない」と思うことも多いのでは。例えば、使っている化粧品のラインに洗顔料があれば、それを使うのがいいかと思いますが。

 

どの洗顔料を使うにしても大事なことは、洗顔料をよく泡立てて優しく洗うことです。ついゴシゴシ洗ってしまいがちですが、ゴシゴシの摩擦で肌にダメージを与えてしまいます。

 

まずは、しっかり泡立てて、皮脂の多い部分から洗いましょう。Tゾーン、顎、次に頬、そして目元というふうに。それから、泡をしっかり洗い流すことも大事です。生え際や、耳の下などもしっかり洗い流しましょう。

 

ちなみに、あついお湯で洗うと皮脂を落とし過ぎてしまうことになるので、ぬるま湯かお水で洗いましょう。

 

洗顔料はどれを選ぶ

洗顔料を選ぶ時に、何を一番重視していますか?何を買ったらいいか分からないと思う人も多いかと思います。

 

洗顔料は、ペースト状のもの固形石けんなどのタイプがあります。テクスチャーや洗いあがりなど、自分の好みに合うものに出会えるといいのですが。

 

ペーストタイプ

ペースト

おそらく、一番一般的な洗顔料なのではないでしょうか。水になじみやすく、使いやすいです。ただ、しっかり泡立てないと、ゴシゴシ擦ることになるので注意しましょう。あくまでも、泡で優しく洗うのが正しい洗顔です。

 

 

泡タイプ

泡

泡で出てくるので、簡単に早く洗うことができます。ポンプを押すだけでふわふわの泡が出てくるので、泡立てが苦手な人におすすめです。もこもこの泡で優しく洗えます。

 

 

 

 

固形石けんタイプ

固形

昔からあるタイプですが、泡立てにくいかも。また、置き場所などによっては、衛生的にも気を使います。ただ、成分がシンプルなものが多く、お肌の弱い人にも選びやすいです。石けん特有のさっぱりとした洗いあがりが特徴です。

 

 

 

洗顔を見直したあとはサエルでケアを

サエル

しっかり汚れを落とした後には、サエルで保湿しましょう。健康的な肌には何よりも、保湿が大切です。お肌の調子は、生活習慣にも影響を受けています。バランスのよい食事や、十分な睡眠など、日頃からストレスを溜めない心がけを。そうはいっても、ストレスを感じないという人は少ないと思います。お風呂にゆっくりとつかったり、好きな音楽を聞いたり、好きな本を読んだり、リラックスして睡眠できるようにしましょう。また、どんなことで癒されるのかを知ることも大事ですね。私は、愛犬に癒されます。

 

 

 

 

サエルでシミが消える!サエル美容液で美白!トライアルセット30%OFF TOPへ

page top