うっかり日焼けでシミを作らない

うっかり日焼けでシミを作らない

いつも日焼け止めを塗っているのに、うっかり日焼けしてしまったということは、よくあることです。首筋や額、鼻など顔の高い部分が赤くなっていて、うっかり日焼けに気付いたら慌てますよね。

 

日焼けしたあとは、肌は炎症を起こしていて、軽いやけどと同じ状態です。うっかり日焼けに気づいたら、冷たいおしぼりやタオルでくるんだ保冷剤などで肌を冷やし、炎症をおさえるようにしましょう。

 

まずは、化粧水で保湿

ローションマスク

日焼けした場所をしっかり冷やして炎症をおさえたら、化粧水で保湿しましょう。日焼けのあとは、肌は乾燥しています。たっぷりの化粧水で水分補給をしましょう。サエルは、敏感肌にも使える優しい化粧水だし、サエルは美白に導いてくれる化粧水です。冷蔵庫などで少し冷やしてから使うと、気持ちよく使えそう。

 

 

化粧水を付ける時は、パッティングはせずにローションマスクなどを使って優しく保湿しましょう。

 

 

体内からも潤いを

水分補給

日焼けしたあとは、お水をたくさん飲みましょう。お茶やコーヒーは利尿作用があるので控えめに。体内で活性酸素が大量に作られ、シミやシワの原因になります。体力を回復するために、ゆっくり寝て休息を取りましょう。抗酸化作用のあるリコピンやビタミンC、ビタミンEなどを含む食べ物を摂るようにしましょう。トマト、ブロッコリー、レバーなどがおすすめです。

 

 

うっかり日焼けをしてしまっても、焦らずアフターケアをきちんとしましょう。そうすることで、うっかり日焼けによるシミやシワを予防することができます。

 

 

 

 

サエルでシミが消える!サエル美容液で美白!トライアルセット30%OFF TOPへ

page top