ディセンシア サエルの肌に良い成分

サエルと美白によい食材

美白というと、日焼け止めや化粧品などで肌の外からケアすることが多いかと思いますが、毎日食べる食事によって内側からケアすることで、より美白に導いてくれるかもしれません。

 

美白によいとされる食品は意外と身近なものが多く、毎日の食事に上手に取り入れてみましょう。健康な肌を作るには、バランスよく栄養を摂取することが大切です。日焼け後には、活性酸素が多く発生するので、抗酸化成分を含む食品を取るようにするといいようです。

 

ディセンシアサエルと美白食材で、Wの効果が期待できるかも。

 

美白によい食べ物

 

β-カロチン

にんじん

にんじんかぼちゃほうれん草などに含まれています。抗酸化作用があり、メラニンの沈着を抑えたり、肌の炎症を抑制する働きがあります。体内でビタミンAに変化して、目や粘膜などの機能に必要な成分です。また、皮膚の新陳代謝を高める働きがあるので、シミやシワの防止にも役立ちます。

 

 

ビタミンC

柑橘類

レモンオレンジなどの柑橘類、トマトパプリカアセロラキウイなどに含まれています。シミやそばかすを作るメラニンのもととなる「チロシナーゼ」の働きを阻害する働きがあります。ビタミンCは水溶性で、熱にも弱いので、果物などでうまく摂取しましょう。ただ、柑橘類には「ソラレン」という成分が含まれていて、食べてすぐに紫外線を浴びると、シミができやすいようなので、朝に食べる時は気をつけましょう。

 

 

ビタミンE

ナッツ

ナッツ類アボカドかぼちゃなどに含まれています。抗酸化作用があり、体内の脂質の酸化を防ぐ働きがあります。色素沈着してしまった細胞を排出しやすくなり、シミを予防してくれます。ビタミンA・C・Eは、抗酸化作用を持つ代表的な栄養成分で、活性酸素の働きを抑えてくれます。それぞれを豊富に含む食品を植物油で炒めるなど、一緒に摂ると効果的です。

 

 

リコピン

トマト

有名なので、知っている人も多いかと思いますが、トマトに含まれている成分です。抗酸化作用があり、紫外線のダメージを防ぐのに役立ってくれます。また、シワを作りにくくしてくれるそう。1日に必要なリコピンの量は15mg以上と言われていて、大きいトマトなら2個ミニトマトなら15〜17個くらいです。リコピンは、生のトマトより加工品のほうが吸収しやすいので、トマトジュースやトマトソースなどで上手に摂取しましょう。リコピンの特徴は赤い色ですが、スイカや人参などにも含まれています。

 

 

L-システイン

肉類

メチオニンはアミノ酸の一種で、肉類魚介類などの動物性タンパク質に多く含まれています。他にも、豆類大豆製品にも含まれています。シミの原因となるメラニンの生成を抑制して、皮膚に沈着したメラニンの排出を助けてくれます。L-システインは、必須脂肪酸「メチオニン」を摂取することで、体内で合成されます。

 

 

 

シナモン豆乳がおすすめ

シナモン

シナモンに含まれる桂皮エキスが毛細血管を修復し、シミやシワの改善に役立つそうです。それに、肌の新陳代謝の促進効果がある豆乳を組み合わせることで、相乗効果が期待できるとのこと。スーパーなどで、粉末になっているものが売っているので使いやすいと思います。ただし、注意した方がいいのは、肝臓に持病のある方や妊婦さん。かかりつけの医師に相談してから摂るほうがいいようです。作り方は、豆乳200mlシナモン小さじ1/2を入れ、オリゴ糖を適量入れてかき混ぜるだけ。シナモンの1日に摂る適量は小さじ1杯だそう。何回かに分けて摂るといいみたい。シナモンは、スイーツやパンなど意外と使っている食品が多いので気軽に摂れそうです。

 

逆に美白にはよくない食べ物って

コーヒー

せっかく摂取したビタミンCを壊してしまうのが、カフェインなんです。カフェインを多く含む飲み物は、コーヒー緑茶紅茶ウーロン茶栄養ドリンクなどです。ただ、急に飲まなくなるとストレスになるかもしれません。あくまで摂り過ぎを避けるように、カフェインを含まない麦茶などを増やして上手に摂りましょう。ちなみに緑茶は、氷水でゆっくり淹れる水出し緑茶にすると、カフェインが抽出されないそうです。

 

 

 

 

 

 

サエルでシミが消える!サエル美容液で美白!トライアルセット30%OFF TOPへ

page top